2021.04.19 Kin'zブログ

少しエンスーな独・米キャンパー

こんにちは、営業Wです。

本日は、山梨県北杜市を回ってきました。
残雪を纏う八ヶ岳、遠くに富士山を仰ぎながらの移動は都心の移動に比べ「ものすごく」気分が良いです。

本日は、ちょっと珍しい、少しエンスー、凄く羨ましいお車を…。

当社はボッシュ認定工場で、高い水準で国産車、外車、最新の車、古い車、なんでも直すことが出来ます。(何度も書きますが…)
現在も、何台かのエンスー車がドックインされています。

その中でもちょっと珍しいお車をお預かりしました。

お判りでしょうか?
がっしりとしたボリューミーな後ろ姿。
ウィネベーゴ リアルタです。

フォルクスワーゲンT4をベースに、イリノイ州のその名もウィネベーゴ郡でダッジなどをベースにしたキャンピングカーを量産しているウィネベーゴが送り出したキャンピングカーです。

お客様が大切に乗られてきたリアルタ。
ちょっとだけ壊れてしまい、当社にドッグインです。

リアのキャリアを見れば、オーナー様がキャンピングカーライフを楽しまれている姿が想像できますね。
キャルホイールもいい感じで、ちょっと肩の力が抜いた、少しだけやれた感じが、凄くグッドです。羨ましいなぁ。


独・米の合作、ちょっと珍しい、少しエンスーなキャンパー。
こんなお車もお待ちしてます。