2021.05.15 Kin'zブログ

フランス車

こんにちは、営業Wです。

弊社のバックヤードには、様々な車が保管されています。

弊社の中古車情報にも記載されている、プジョー505V6。

個人的にフランス車好きである僕にとって、フランス車最後のFR車、ピニンファリーナデザインによる現代の車ではあり得ないほどスクエアで、華奢で優雅に見えるピラーに囲まれた、ゆったりとした室内、たっぷりと厚みで体を優しく包み込むようなシートを有する4ドアセダンは、憧れの車でした。

もちろん現代の車と比べれば、エンジン音は大きく、風切り音もかなりのものであることは否めませんし、燃費だって涙がほろり…かもしれません。

もともとバブル末期の車輛であったために、世間の皆様は「ベンツ!ロリンザーでしょ!」とか「新入社員は六本木カローラ!BMでしょ!(当時は、BMWではなく、ベンベと呼ばれていました。六本木カローラ候補は他にSAAB900などもありました。)

そのために、505の持つ優雅さにはスポットライトが当たらず、国内への輸入台数も少なかったのではないかと思います。

当時の私は、シトロエンDS21という、おしゃれではあるけれど、ある意味バブルの香りが少しだけ漂う車に乗っていました。はは…。

現在もあるのですが、都内の専門取り扱い会社の車体ではなかっあたので、ちょくちょく故障し、維持費がかさみ永くは所有できませんでした。応接室の高級ソファーのような座り心地、魔法の絨毯と称された浮かんでいるかのような乗り心地。手放したことは今更ながら残念です。

2015年のジュネーブショーに、見た目はDS21そのもの、中身は最新という車輛が出品されたようですが興味津々です。

シトロエンに魅せられた私は、しばらく浮気性な車遍歴を過ごすのですが、シトロエンエグザンティア、シトロエン初代C5と、時折本妻の元に戻るろくでなし亭主として過ごし、現在はルノーメガーヌワゴンを2台乗り継いでいます。(1代目は鹿に勝負を挑まれ、殉職しました。)

シトロエンエグザンティア

シトロエン初代C5

「そんなにフランス車好きなら自分で乗れば?」

私も年を重ね、年老いた母親(親には505の乗り心地は最高です!保証します。エンスーな親孝行になります。)と普段親の近くで親を守る(何から?)駄犬Kという家族との移動のため、ワゴンタイプしか選択肢がありえなくなってしまいました。(kはでかく、大飯食いで大〇〇〇をし、早朝から人の顔を舐め、散歩を要求する厚顔犬なのです。)

人生の後半戦の扉の前に立っておられる世代の方々に、優雅でフレンチダンディーなカーライフを約束し、高齢になった親への孝行も可能な505お勧めしたいです。

全塗装も必要ですし、治すところはたくさんあるために最初は苦労されますが、車の苦労は厭わない弊社代表と弊社メカニックが責任をもってお世話させていただきます。

この時代のフランス車は最高の乗り心地、プジョー車は世界最初の量販車メーカーですが、この時代のプジョー、フランス車を間違いなく代表する車です。

最終シトロエンc6もいいなぁ。